スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニームオイル

興味を持ったきっかけは maroのダニ・ノミ・蚊よけに
自然のもので何かいいものはないかと考えたから
合成の薬は効果の反面 リスク(薬害)があると思う。
ネットで検索すると 虫よけにニームというものが園芸で人気があるらしく
犬用にもニームを使った商品があった。


=====================
ニームオイル(インドセダン)種子 圧搾法

<成分>
ニンビン(nimbin)・・・抗炎症・解熱・抗ヒスタミン・抗真菌
ニンビディン(nimbidin)・・抗細菌・抗潰瘍・抗不整脈・抗真菌
ニンビオール(nimbiol)・・抗結核・抗原虫・解熱
ゲデュニン(gedunin)・・・・血管拡張・抗マラリヤ・抗真菌
ニンビネートナトリウム(sodium nimbinate)・・利尿・殺精子・抗関節炎
ケルセチン(quercetin)・・・・抗原生動物・抗酸化・抗炎症・抗細菌
サランニン(salannin)・・・・忌虫剤
アザディラクチン(azadirachtin)・・・・忌虫剤・摂食阻害作用・抗ホルモン

(あるHPから転写 すいません勝手に利用して 記録として利用させてもらいます)
=====================

精油として利用もできそう(品質はそれぞれなので注意が必要)


主にインド・東南アジアで栽培されている薬木
「ミラクルニーム」とも呼ばれ 古くからインド伝統医学アーユルヴェーダの薬として有名で、万病に効く民間医薬として、皮膚病、解熱、泌尿器官の病気、 糖尿病などにも利用されているようです、身近なところでは歯を磨く為に木の枝を噛んでするようです。

またアンドリュー・ワイル博士も、「ニームは有効な選択肢の一つだ。」と言っています。
(ワイル博士の著書は結構私も参考にしています)

葉をお茶として飲んだり ニーム成分入り石鹸やシャンプーまであります。

以上 

香りは・・・くさった玉ねぎか・・・よく言うと 灰汁のあるおひたしって感じの香りw
原液は500倍から3000倍に薄めて使うらしい
効果の程はまだ実感はないが 
ニームオイルプラス ユーカリレモンかシトロネラの精油を足して
虫よけスプレーを作る予定です。

ニームオイル


参考HP:http://www.nihon-neemkyokai.com/neem.html

スポンサーサイト

Comments

アンドリュー・ワイル

おお!! リニューアルすね。 アンドリュー・ワイルおお懐かしや、
昔よく勉強しましたよ。「癒す心と治る力」だっったかな、、、
  • 2009.05.30 15:30/
  • ジットー URL/
  • 編集

ジットー先生へ♪

> おお!! リニューアルすね。 

いつまでも桜だと変なのでリニューアルしました♪

>アンドリュー・ワイルおお懐かしや、
> 昔よく勉強しましたよ。「癒す心と治る力」だっったかな、、、

おお!!先生もワイル先生の本を読まれたのですね!
アロマでの民間療法の情報が少ないので 
このワイル先生の本は何かと参考にしてます。
  • 2009.05.31 09:35/
  • しょこらん URL
  • 編集

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリー
貴重なコメント
こんなけ書いたよー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。