スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どくだみ・十薬・ドクダミ メモ

芳香療法と言う意味で言えば 
わざわざ精油を買わなくてもアロマセラピーはできる
それは身近な果物を剥くとき、植物をさわる時etcetc

今気になる こいつ♪
どくだみ またの名を十薬
今では雑草的扱いでほとんどの人に見向きもされないドクダミだけど
効果効能は民間療法レベルで 色々あるようです
実は私も子供の頃から 慣れ親しんだ香りでもあります。
別におうちが雑草の中にあったわけではない・・・
(親が民間療法タイプだったのです。この親にしてこの子ありありピース
子供の時は 耐えがたい香りと言ってもいいほど 臭かった~~~笑
でも大人になった今 それは懐かしい香りであり効果効能を期待できる香りでもある

以下引用(勝手に御借りしました すみません&ありがとうございます)

(効果 効能)
ドクダミの花穂や葉、茎には、排便を促す緩下作用や余分な水分を排泄する利尿効果がある成分を含んでいるので、体内の老廃物除去作用がある。また毛細血管を強化する作用もある。カリウム塩を含んでおり、神経細胞や筋肉組織を活性化する働きがある。体内の水分を正常に保ち、利尿作用、快便作用、皮膚表面の汗腺の調節に効果があり、自律神経をコントロールする働きもしている。
ドクダミの独特の臭いは、精油成分。この成分は、強い抗菌作用がある。
最近、抗カビ、抗菌作用について目を向けられている。ドクダミの独特の臭いのため昆虫も嫌うほどで、白アリ予防や食品の防腐剤としても開発されている。生葉では独特の臭いのため飲用できないが、乾燥させると、精油成分が揮発するので、煎じて飲用することができる。煎じて飲料することにより、便秘症、風邪、蓄膿症、耳鳴り、胸の痛み、のぼせ、胃酸過多、高血圧、動脈硬化、冷え性などなど数え切れないほどの効能があります。

ドクダミは、煎じて飲用するだけでなく、入浴することでも、いろいろな効果がある。
市販の入浴剤と比較すると、自然な緩和作用が大きな特徴。
血液循環の改善、消炎作用、保温効果が高くなり、冷え性、更年期障害、生理不順、腰痛、アレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚病、ニキビ、吹き出物によい。また、心身をリラックスさせ、血行をよくし、新陳代謝を高め、皮脂分泌を活発にする。
入浴は、乾燥葉茎を煎じて、液を浴槽に流し込む方法と乾燥したドクダミの葉茎を布袋に入れる方法がある。

漢方で「十薬」と呼ばれ、江戸時代に貝原益軒(かいばらえきけん)著の「大和本草」の中に「十種の薬の能ありて十薬となす」と記されています。十種だけではなく、もっと多くの効能をもている。

独特の臭みも高熱により消失するので 食べられるみたい・・・
あんまり食べる気せえへんけど~~笑

今ちょうど花の時期で なんとも言えない 慎ましさと美しさがあり私は好きです。

どくだみ 薬草メモ
十薬 ドクダミ




スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリー
貴重なコメント
こんなけ書いたよー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。