スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蚊と ダニとノミとニーム

フィラリア 三割の犬が死に至ってるらしい・・・
(本当のところはどうかわからないけど・・・だって獣医会からの一方的な報告だし・・・)
色々調べて 何人かの人のフィラリアの考えを読まして頂いた結果
maroにはフィラリアの薬を飲ませない事にした
やはり人間同様 ”クスリはリスク”だからだ
ましてや 人間ほど管理や臨床のされていないペット世界
フィラリアの場合 一般的に売られている薬は虫下しの薬なので
フィラリアにかかっているか いないかもわからないのに
リスクを取らせるわけにはいかないと思ったからだ
フィラリアにかかってもリスクだが 薬の薬害もリスクである
薬を飲ませた方が 飼い主としては気がらくなのですが・・・

フィラリアの幼虫が蚊を媒体として吸血時に犬の体内に注入する
三か月ほどで成虫になるので 1か月毎に虫下し薬を飲ませると言うシステム
成虫した状態で 虫下し薬を飲ませるとショック死にいたる可能性があるので
薬を飲ませる時は必ず検査が必要
ちなみに 成虫に効果のある薬があるらしい
商品名「イミトサイド」が共立製薬(株)他1社から発売されている フィライア治療薬
もし maroがフィラリアにかかってしまったら フィラリア治療薬に頼ることにする。

と言うことで 蚊取り線香とニームとアナログ捕獲でがんばります


そして その流れで おとはんから 蚊を捕獲する網が欲しいとリクエストがあった
買うと高そうなので(貧乏人の知恵♪)
百円ショップでビックサイズの洗濯ネットを一枚購入して 裏全面を利用
maro 001


それを網の形に縫い 
maro 002


針金ハンガーで持ち手を作る
maro 004

で 半分使った洗濯ネットを縫い直して ネットとして活用できたので
maro 013


出費は無しちゅうか なんちゅうか♪すばらしい jumee☆loud laugh1自画自賛女です

ニームだが
ニームはオイルなので水で薄めて犬に使用する際には
界面活性剤(油と水を混ぜる基材 マヨネーズの卵が界面活性剤の役目をする)が必要になる 
私はわざわざ買うのは 勿体ないので(ニームと一緒に売っているみたい)
天然の界面活性剤が入っている歯磨き粉で
ニームを混ぜた歯磨き粉と水を混ぜ合わせてみるとうまく混ざったのでよかった
ちなみに 木酢液(ニンニク入り)とニームも混ざりましたが
木酢入りニームはmaroには香りがきついので 植物の虫除けに使ってます。
歯磨き粉入りニームと水を混ぜたものを
maroに二~三日に一回全身に塗りつけるようにしてます。
効果はまだ実感できませんが 何もしないよりは気休めですが 
効いてると信じます。笑

最初 フェラリア(正しくはフィラリア♪)と書いていた カタカナに弱いchocolatgardenです♪

フィラリアに効果が期待できる漢方
カヤの実:別名:榧子(ひし)・榧実(ひじつ)ともよばれ、イチイ科の常緑高木、シナガヤの種子を用いたものです。漢方では殺虫・潤肺の効能があり、穏やかではあるが広範囲の駆虫薬として用いる。鉤虫やギョウ虫・条虫・フィラリアなどへの効果が報じられています。煎剤や丸剤としても用いるが、炒ったものをよく噛んで食べる方法もある。また疳積や乾燥性咳嗽・便秘にも用いられる。日本ではカヤの実を炒って粉末にしたものを寄生虫や小児の夜尿症の治療に用いる。民間では堕胎薬としても用いられていた。


スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリー
貴重なコメント
こんなけ書いたよー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。